疲れた時は風俗推奨です

疲れた時に風俗で癒しを求めた体験談を載せています。

デリヘル嬢の袋攻め

投稿日:2016年7月6日

本日のデリヘルのお相手はAちゃん。パネルで見る限りは元ヤンタイプのきつい感じの子だったのですが、実際会ってみると愛嬌のある感じです。一緒にシャワーを浴びた後、ベッドに寝転がるやいなや、いきなり僕のアソコを口に含んで始めてくれました。最初は亀頭を口でシッポリ。その後カリに細かい舌遣いで刺激を与えてくれます。そしてそそりたった僕のアレの裏筋に舌の先端を顔ごと上下に這わせます。ここで出そうになったのですが、次に攻撃対象は玉に移ります。出る寸前に収まって一安心。玉の袋を舐められるのって射精の快感とはまた違っていいもんなんです。風俗を知らなかった頃、素人の彼女は普通こんなことやってくれないので、初めて風俗に行って玉袋を攻められたときは衝撃的でした。なんか落ち着くっていうか。最初はこそばゆいなぁって感じもしたのですが、それを通り越えると独特の快感。今度デリヘルを利用したときは上手な子を探して是非試してもらってください。

あれ?何か写真と違う気がする

デリヘルとかの風俗店のホームページを見て、女の子を「おっ可愛いな!」と思ってその子を指名することって多いですよね。僕もそうです。でも、実際に会ってみると「あれ?なんか違うぞ?」という場合が多すぎます。もちろん、写真はある程度綺麗にうつすのは当たり前であり、少し違っていたとしても大丈夫なのですが、体型が思っていたよりもかなり太っていたとか、なんか顔つきが全然違うといったことがあると腹立ちますね。その場合は、何が悪かったのかと言いますと、もちろん風俗店側もそうですが、やはりそれを見抜けなかった僕たちも悪いのかもしれません。よく口元にモザイクをかけている写真があったりしますが、これが実は重要になってくるんですよ。それをそのまま載せてしまうと「……」となる場合があり、口元を隠して、少しフォト修正をかければ美人に見えるらしいんですよ。今の写真技術は本当にすごいです。また、全体画像を載せていない子は太っている可能性もありますので、それにも注意してます。プロフィールに多少鯖を読んでいる場合もあります。それを見抜くには腕を見たり、足を見たりして「ん?ちょっと太ってないか?」と思ったら、その子はやめると良いですね。ぽちゃ好きなら別ですが。ここまでしないといけないって本当にめんどい。最近はパネマジをしていないデリヘルを選ぶようにしてます。